ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)を分析

抗老化や若返り、さらに糖尿病や心臓疾患などへの治療効果が期待されるとして、話題になっている物質があります。それがニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)です。人間が健全な身体の機能を保つためには、ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド(NAD)というタンパク物質が必要なのですが、NMNは、体内でNADに変換されることで、臓器の修復などに寄与しています。しかし、加齢に伴いNMNを作る機能が衰えるため、体のさまざまな機能も衰えていくのです。もし、NMNの減少が抑えられれば、身体機能は保持され、抗老化が実現します。また、一度減少したNMNを体内で増加させることができれば、若返りにもつながるという実験結果も発表されています。

NMNはもともと私たちの体内に存在し、体内で作られるものですが、食事等で摂取することもできます。現在までの研究結果によると、野菜やフルーツに比較的多く含まれ、特に枝豆やアボカド、ブロッコリー、キャベツに多く含まれていることが分かっています。若い間は、体内で作られるNMNの量が十分なのですが、年をとるとその機能が衰え、食事から摂取では不足していきます。そこで、意識的にNMNを補充することが重要になってくるのです。

さまざまな効果が期待されているNMN。このサイトでは、世界的に訪れる長寿時代のさまざまな問題の解決のために注目されているこの物質について、その特徴を詳しくご紹介します。

ˆ Back To Top